ヒモノの煮物

ンッフw

唐揚げと人間のハーフなんていない

 

アイドルのオタクをしていると週一くらいのペースで聞かれるのが、

「もしかしてレズビアンだったりしますか?」

みたいなことなんだけど、

 

そんなわけねぇだろ、バカかよ。

女のアイドルオタクが全員レズなんだったら今頃日本人絶滅危惧種に指定されてるぞ。

 

 

アイドルが大好き、可愛い女の子が好きすぎるっていう話をすると決まって「え、じゃあレズなの?笑」みたいなリアクションをされるんだけど、

そういう発想って「好きなモノ=性的或いは恋愛対象」みたいな実に安直な思考だと思う。

 

そんなこと言うおまえたちは唐揚げとセックスしたいワケ?

唐揚げ大好きだけど唐揚げとセックスはできないだろ?

唐揚げと結婚を前提にお付き合いしたいか?無理だろ?

ウェディングドレスもしくはタキシードを着て僕たち私たちと神父の前に立つ唐揚げのことを妄想してキャッキャすんのか?

唐揚げとクリスマスのイルミネーション見に行きたいか?嫌だろ?

つまりそれと同じなんだよ。

 

まああまりにも好きすぎてそういった発言をすることはよくあるけど、それはあくまで「例えば」の話であって、過剰すぎる愛情表現の一部分なわけ。

 

つまりは、

女「〇〇ちゃん可愛いすぎるから結婚したい」

男「△△かっこよすぎる△△なら抱かれてもいい」

とかが全部、イコール同性愛者ってことになりますか?という話。

(※「はい、なりますね。」って思った方とは一生話が合わないのでここで解散です、ありがとうございました。)

 

 

思うに、

男女関係なく、アイドルとか役者とか芸人だったりのいいところは、

「自分を切り取って金にしてる」ってところだと思う。

そもそも仕事って誰かにわざわざ見せつけるものじゃないのに、メディアにとりあげられている人たちってそれぞれの人生や才能だとか、

ご自身のセンス・個性をいろんな人に披露するだけでお金にしてるワケ。

 

そういったものをある種信仰しているのが「ファン」であって、

個人の才能や個性に過剰に憧れて萌えることは恋愛感情や性的嗜好とは全くの別件だと思う。

 

なんかこういうことを理解できる人が極端に少なくてびっくりする。

肉じゃがとポトフとシチューを作ってもらいたかったのになぜか全部カレーになって出てきたみたいな、そういう直球のヤバさを感じる。

 

きっと本能的な何かしらなのかもしれないけど、そんなアホな本能ならむしろいらないのでは?

 

 

 

 

 

 

 

液状化上ビルディング

 

なんかもうインターネットのせいで世界が異常に狭い。クソ狭い。

こないだリアルの知り合いが一人もいない方のツイッターアカウントでよくいいねしてくれる方が知ってる人の彼女さんってことがあって、あと何回も某サマソニの先輩とか少し聞き馴染みのあるバンド名をそのアカウントで一時よく見かけたりした。

 

まあ逆も然りでよくあることなんだけど、とにかく心臓によろしくない。すごいびっくりする、これがなかなか。

 

こんなかんじで、部屋で一人静かに寝てたら優しく黒人に起こされるみたいなそういう鈍い緩やかな恐怖がインターネット、とくにSNSにある気がする。

 

いやしかし本当に人との距離感がバグってるな。

ただSNSをのぞいてるだけなのにその個人の全てを知った気になってしまうし、なんだか発言一つ一つが全て自分に向けられているように感じる。ほんとは僕たち私たちのことなんてその人の頭の片隅にもないのに。

 

そしてSNSによく本音をポロッと投稿する人は多いから、上っ面を全部掴む前に本心にあっさり到達してしまう。

なんかレベル10なのにレベル80から使える武器を偶然拾ってしまったみたいな、まだ2つ目の町なのにたまたま特典でミュウツーもらってしまったみたいな、SNSをみているとそういうときのどうしようもない気持ちになる。

 

こうやって世界が知らない間に端から少しずつとろけていって人と人の間の壁が建てられないくらいデロデロになってる。

これはもう人との間にいちいち壁をつくるなという何処かしらからのお達しなのかもしれない、もしかしたらもしかするけどどうする?

 

 

 

なつやすみのじゆうけんきゅう

 

私、現在大勢の蟻の方々と同居しているんですが、

このご一行、何度お断り(※潰して殺)してもまたすぐに我が家帰ってこられるんですね。

 

で、この夏休みの間にこのご一行のことを観察させていただいたのでここにまとめます。

 

 

1.どこから来ているのか

 

  餌になりそうなものを放置してから蟻が湧くまでの時間がかなり早いため、おそらく自分の部屋かベランダ、隣の部屋に巣があると考えられる。

  行列の位置から推測すると、蟻さん達の巣の場所は、自室のテレビ裏か右隣の部屋が有力である。

  自室の階数と蟻さん達の歩幅から考えて、外の巣から通っている可能性は低い。

  もし外から来ているのであれば、ベア・グリルスもびっくりな実に冒険心にあふれた方々である。

 

2.なにアリなのか

 

  なにアリなのか正直さっぱりわからないが、数十回は噛まれている私がまだ死んでいないのでヒアリでないことは確かだ。

 

3.蟻さんのすきな食べ物トップ3

 

1位 果物の入った飲み物

  コンビニのスムージーや果汁100%のジュース、トマトジュースなどはかなり短い時間で蟻さん達の宴会場になる。

  謙虚な蟻さんが多いのか、空のペットボトルや紙パック、空いたコップなどによく集り、満タンのまま置いていても不思議とよってこない。

2位 菓子類(のカス)

  床に落ちて気がつかなかった菓子類のカスは、高確率で翌朝蟻さんの塊になっている。

  なぜかうちにくる蟻さんは、小さく切って運ぶのではなくその場で食している様子だった。(肉眼で確認できなきほど小さく切って運んだのかも知れないが。)

3位 マヨネーズ

  蓋が閉まったマヨネーズをテーブルの上に載せて放置していると、頻繁にアリさんまみれになっていた。

おそらくこのアリさんたち、マヨラーである。

 

4.まとめ

 

  菓子類を落としたり、食器や調味料を放置したりと、私の部屋が人の域を超えた汚さのため、蟻さんたちに住み良い環境となっている。

  今回の研究を活かして、私は部屋の掃除を頻繁に行うべきである。

 

 

おまけ : 家主が蟻さん説

 

  あまりにも部屋がアリさんだらけのため、一時期「この家は私の家だと思っていたが、もしかしたらアリさん達の住処に私が勝手に侵入して住みついてしまっているのかもしれない」と考えていた。

  そのため、毎日アリさんに一言挨拶してから部屋に入っている時期があったが、よく考えると家賃や光熱費、食費を払っているのは私なのでむしろ私がアリさん達を養ってあげているのではないか、ということに気づいてからもうアリさんについて考えるのをやめた。

 

 

後日談 : 別れ、そして旅立ち。

 

  部屋を隅々掃除して新しいアリの巣コロリを置いたらアリさんが来なくなってしまった。

  インターンシップやアルバイトなど、割と忙しかった3年生の夏休みを共に過ごしたアリさんのご一行はもう我が家にはいない。

  どこか違う家で平和に暮らしているといいなぁ… 巣ごと死んでそうだけど。